加入案内

広島連帯ユニオンは一人でも加入できます

▼労働組合とは・・・労働者が生きるために仲間と団結して職場や社会のあり方を変えるために行動する組織です。
▼合同労働組合とは・・・職場が違っても、一人からでも入れる地域の労働組合。たとえ職場で一人であっても労働組合員として守られます。
▼労働組合は法律で認められた存在です
  日本国憲法第28条・・・労働者の団結権・団体交渉権・団体行動権
▼労働組合は会社と対等に交渉できます。
▼会社が労働組合員であることを理由に不利益な取り扱いをすることは違法です
▼会社が労働組合の活動を妨害することは違法です
  労働組合法第7条・・・不当労働行為の禁止
▼非正規労働者でも一方的にクビを切るすることは違法です
  労働契約法第16条・・・解雇濫用の無効

退職届を自分から書いてはダメ
 上司や社長からどんなに勧められても、どんなにイジメにあっても退職届を書いたり、自分から「辞めます」と言ってはいけません。会社はあなたを簡単にクビにすることはできません。非正規職(派遣・契約社員)でも同じです。
 今は職場で孤立していたり、展望が見えないように感じてもユニオンに加入してたたかえば必ず道は開けます。

加入金:500円
組合費:収入に応じて500円〜1500円

加入申込書



組合規約


慶弔共済


全労済の慶弔共済(基本型D型)に加入しています。ユニオンでは10口で加入しています。掛金は執行部にお問い合わせください。

広島連帯ユニオン2014年度方針

1. 7・1情勢の下で、外注化阻止・被爆労働拒否の国鉄闘争に大勝利しよう

(1)10・4広島国鉄集会を成功させよう。職場労働者の結集をかちとろう。この集会を組織する中で、職場で動労千葉(鉄建公団訴訟の最高裁への「解雇撤回・JR復帰」判決を要望する)の10万筆署名を集め、国鉄闘争全国運動を職場・地域に拡大しよう。
(2)11・2全国労働者集会へ職場労働者とともに参加しよう。外注化阻止の闘い・被爆労働拒否の闘いを動労千葉・動労水戸ともに闘おう。動労西日本(動労総連合)の組織拡大闘争をともに闘おう。国労郡山工場支部の外注化阻止決戦を勝利させよう。JR体制打倒の国鉄闘争を闘おう。
(3)動労千葉物販を水路に、職場で「動労千葉を支援する会」を作ろう。闘う労働組合をよみがえらせよう。

2. 新自由主義と対決し、民営化・外注化阻止、非正規職撤廃闘争を闘おう

(1)福屋―アクオ西日本の解雇撤回闘争をユニオンの全力で闘おう。
(2)ユニオン組合員の各職場で、外注化阻止の闘いを結合して非正規職撤廃闘争を闘おう。
(3)新自由主義の下で、民営化・外注化が進行する四大産別の労働者と団結し、労組交流センター運動を前進させよう。
(4)労働者を使いつぶす「ブラック企業」許すな!青年労働者は団結して生き抜こう!
(5)合同一般労組全国協の仲間と団結し、鈴コン闘争、郵政非正規ユニオンはじめ全国の闘いと連帯して闘おう。

3. 全職場で「反合理化・運転保安闘争路線」で組織拡大をかちとろう

(1)草津病院支部で反合理化・安全闘争を推し進めよう。病院資本による安全破壊と要員不足の過重労働を許さず、団結と組織の拡大をかちとろう。
(2)広大生協労組の中四国事業連合方式絶対反対の闘いをさらに推し進めよう。
(3)ユニオンのすべての支部・職場で、「反合理化・運転保安闘争路線」の観点から闘いを組織しよう。

4. 新自由主義攻撃と対決する闘う労働組合の国際連帯を発展させよう

(1)本年8・6の日韓連帯闘争で切り開いた韓国・民主労総とりわけ大邱との連帯をさらに強化発展させよう。
(2)ユニオン国際部を先頭に国際連帯闘争の発展をかちとろう。
(3)11月訪韓闘争に青年労働者を送りだそう。

5. 改憲阻止、反原発・被曝労働拒否の闘い

(1)8・6ヒロシマ大行動を先頭に立って闘おう
(2)7・1「集団的自衛権」行使容認の閣議決定を絶対に許さない。「改憲・戦争・原発・貧困許さない大行動(略称『許すな改憲大行動』)」に取り組もう。
(3)すべての原発の再稼動に絶対反対。川内原発再稼働絶対反対、伊方原発の再稼働を阻止しよう。被ばく労働を絶対許さない。すべての原発今すぐなくそう全国会議(NAZEN)ヒロシマの先頭で闘おう。ヒロシマの「金曜行動(中国電力本社前)」に取り組もう。
(4)被災地の闘いに連帯し、ふくしま共同診療所の運動を支援しよう。3月 福島現地闘争へ結集しよう。
(5)沖縄の辺野古新基地建設絶対反対の闘い、三里塚軍事空港反対の闘いなどの全国の基地撤去の闘い、反戦闘争と連帯して闘います。
(6)無実の星野文昭さんを労働者の団結の力で奪還しよう。広島星野文昭さんを救う会に参加しよう。再審無罪・星野奪還をかちとるために全証拠開示署名運動を職場・地域で取り組もう。
(7)裁判員制度を廃止しよう。

6. 差別・分断と闘う地域拠点としてユニオンを建設しよう

(1)全国水平同盟と連帯して階級的労働運動路線で部落解放闘争を闘おう。
(2)広島・福島地区の青年労働者を組織し、全国水平同盟の支部建設をめざそう。
(3)差別・分断と闘う地域拠点として、福島地区拠点化を実現しよう。部落解放広島共闘会議に参加してその先頭で闘います。
(4)橋下の民営化攻撃・更地化攻撃と闘う八尾北・西郡闘争と連帯しよう。

7. ユニオンの総力で職場拠点闘争に勝利しよう

(1)①草津病院支部、②広大生協労組をユニオン2大拠点として闘おう。
(2)資本・権力の一体となった組合破壊を許さず闘おう。草津病院支部の中山崇志支部委員長の解雇撤回をかちとろう。
(3)14春闘で解雇撤回をかちとったサンナビ(地域支部)、山陽測器(中央支部)、推進機構支部で職場闘争を前進させよう。
(4)高陽第一診療所労働組合の拠点化闘争をともに闘おう。反動的経営幹部の組合破壊を許すな。外注化攻撃絶対反対!「サービス付き高齢者住宅」建設反対!
(5)安倍の戦争と原発、貧困に怒る青年労働者をユニオンへ圧倒的に結集させよう!

8. 理論武装を強化しよう!

(1)広島県労組交流センターの「ひろしま労働学校(第Ⅶ期)」に参加します。
(2)青年部組合員を「ユニオン奨学生」として学習闘争を支援します。

9. 「15春闘」「15メーデー」について

今秋の闘いの勝利に全力を上げ、その勝利の上に「15春闘」「15メーデー」を闘おう。ユニオン・支部・組合員への不当解雇・組織破壊攻撃には組織防衛ストライキを!職場で反合理化、安全闘争を闘い、民営化・外注化阻止、非正規職化絶対反対のストライキで闘おう。

10. 組織強化・拡大の闘い

(1)機関紙について
機関紙『連帯』を定期発行します。広く投稿をよびかけます。職場での拡大に取り組もう。
(2)財政について
①組合費は基本財政です。組合員の皆さんは、毎月所定の組合費を期日までに納入をお願いします。
②激動期の闘いを支えるため、本年度も、予算に「国際連帯費」を計上します。また、組織拡大-組合員100名建設のための「組織強化費」を計上します。
(3)諸会議・交流会について
本部執行委員会は月1回定期開催します。各支部は、支部会議を開催し団結と闘争を強化します。組合員交流集会を随時開催します。
(4)宣伝活動について
加入リーフレット・ホームページ・ブログの更新の回数を多くして、さらに活用を図ります。毎月、街頭宣伝を行います。
(5)レクレーション活動
組合員・家族、闘う仲間の団結強化を目的として開催します。

0 コメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。