ブラック企業=サンナビの解雇を撤回させたぞ!

団結して闘えば勝てる!  広島連帯ユニオンはブラック企業との闘いにおいて決定的な勝利を切り開いた!(株)サンナビによる F 組合員に対する解雇攻撃(2月28日)に対し、広島連帯ユニオンは総力で反撃し社長から「解雇予告通知」の取り下げを約束させた!

山陽測器は不当解雇を直ちに撤回せよ!

ふざけるな!解雇理由はデタラメだ!山陽測器は不当解雇を直ちに撤回せよ!

介護労働者Tさんへの「みせしめ重刑」を許さない

「よってきんさい古江」転落死亡事故、介護労働者Tさんへの「みせしめ重刑」を許さない

労働相談

秘密厳守・相談無料  あきらめないで!! ひとりで悩まないで!!  ひとりでも加入できる労働組合・広島連帯ユニオンへ

5.1広島メーデー

韓国民主労総のゼネストに連帯し、青年労働者を先頭に広島市内をデモ

2017/02/03

2.12中四国国鉄闘争集会へ! 動労西日本が参加をよびかけ

分社化と廃線=第2の分割・民営化との決戦へ

 2.12中四国国鉄闘争集会を呼びかけている動労西日本から本部情報No.199が出されました。集会成功へむけて、全力をあげましょう!
ダウンロードはこちらから。

国鉄分割・民営化で不当解雇30年 民営化、競争とめよう
韓国、米労働者に続こう 2・12中四国国鉄集会(岡山)へ


 トランプの米大統領就任は、数百万人の労働者民衆の怒りのデモに迎え撃たれました。そしてトランプの就任直後からの排外主義と反動の大統領令発動は、さらに続々と労働者の反乱を呼び起こしています。その先頭に立っているのは、民営化と新自由主義に対して不屈に闘い続けてきた戦闘的労働組合です。韓国に続き、アメリカでも労働者の革命が始まった! 新自由主義への反撃は全世界で始まった! 国鉄分割・民営化絶対反対の旗を掲げ続けてきた動労総連合は、日本における労働者の反撃の先頭に立ちます。2・12国鉄集会に結集し、日本の労働者階級の闘いを世界に示しましょう。

すべてウソだった

 国鉄分割・民営化から30年。当時から言われ続けた、「民営化すればより安価で良質なサービスが提供できる」「規制緩和・民営化・競争こそが豊かな社会をつくる」「官=悪、民営化=善」は、全部ウソでした。
 生み出されたのは2千万人の非正規職、格差と貧困だけでした。民営化で国鉄を追われた労働者は20万人。「首切り自由」が社会にまん延しました。

民営化4つの大罪

 ①民営化とは、数え切れないほどの労働者への首切り攻撃であり、労働組合を無力化し破壊する攻撃でした。
 ②民営化とは、ドレイのように無権利で超低賃金のオリに労働者を閉じこめ、1%の資本家だけが肥え太ることでした。
 ③民営化とは、最底辺に落ちていく競争に労働者を駆り立て、社会的な連帯や共同性をズタズタに切り裂くことでした。
 ④民営化とは、命と安全を破壊し、社会保障制度や医療、教育を破壊することでした。
 もうたくさんだ! 今こそ国鉄1047名解雇撤回の闘いを先頭に、民営化と競争をとめるたたかいに立ちあがる時です。 JRは「国鉄改革の原点にかえる」と称し、「第2の分割・民営化攻撃」を開始しようとしています。それは「非正規という言葉をなくす」「長時間労働をなくす」という美名で、実際には総非正規化と総最低賃金化、8時間労働制解体と時間給廃止をめざす安倍政権の「働き方改革」と一体で、社会全体と労働者の雇用と生活を根本から破壊しようとするものです。

分社化・転籍阻止!

 その攻撃の一つめの柱は、これまでの外注化―強制出向という次元を超えて、鉄道業務のすべてをバラバラに分割し、分社化して労働者を転籍に追い込んでいくことにあります。JRはそれを「水平分業の深度化」と称しています。これまでJRがひとつの会社として統合してやってきたことを、駅運営会社、検修・構内会社、保線会社、電力会社、信通会社、さらにその下に何層もの下請け会社などにふりわけるのです。鉄道業務を何十もの会社に分社化し、JRで働くすべての労働者に転籍を強制しようというのです。
 その際、労働者の雇用条件は大きく切り下げられます。西日本でも駅、検修・構内業務、保線、車両清掃あらゆる業務で外注化が進められてきましたが、そこで働く労働者は月13万円程度の最低賃金で働かされています。JRは最終的には車掌・運転士まで含めすべてを分社化し、本体に残っている労働者全員に、分社への出向=転籍か、退職=解雇かを迫ろうとしています。
 選択する余地のない形で転籍を強制するために外堀が埋められようとしています。東京では秋葉原駅までが外注化されようとしています。このままいけば広島駅や岡山駅なども外注化され、分社化されるのは必至です。しかし、誰もがこの現実に目を背けて真実を語ろうとしない。だからこそ、私たち動労西日本・動労総連合は、いま声をあげ、この攻撃に立ち向かうことを決意し、本格的な闘いを開始します。それは私たち自身のためだけでなく、子や孫の世代に非正規職だけの社会を残さないための、絶対に退くことのできない闘いです。

地方丸ごとリストラ

 第2の分割・民営化攻撃のもう一つの柱は、地方ローカル線切り捨て・廃線の攻撃です。それは、国鉄分割・民営化につぐ国家的大リストラです。
 JR北海道は、全線区の半分以上1200㌔を「維持困難」とし、廃線にする方針を出し、四国でも「鉄道を維持する必要はない」とまで言われています。西日本では100㌔を超える三江線の廃線が決定され、本州における大規模なローカル線廃線の突破口とされています。「選択と集中」「地方からの撤退」「国家にとって付加価値を生まない都市は淘汰する」これがJRと安倍政権の路線です。
 民営化は雇用と社会を破壊する。このことは全世界で証明ずみです。ストでパククネ退陣の先頭に立った韓国鉄道労組やトランプ打倒に立ちあがる米労働者に続き、団結して闘おう! 2・12国鉄集会に集まろう!