ブラック企業=サンナビの解雇を撤回させたぞ!

団結して闘えば勝てる!  広島連帯ユニオンはブラック企業との闘いにおいて決定的な勝利を切り開いた!(株)サンナビによる F 組合員に対する解雇攻撃(2月28日)に対し、広島連帯ユニオンは総力で反撃し社長から「解雇予告通知」の取り下げを約束させた!

山陽測器は不当解雇を直ちに撤回せよ!

ふざけるな!解雇理由はデタラメだ!山陽測器は不当解雇を直ちに撤回せよ!

介護労働者Tさんへの「みせしめ重刑」を許さない

「よってきんさい古江」転落死亡事故、介護労働者Tさんへの「みせしめ重刑」を許さない

労働相談

秘密厳守・相談無料  あきらめないで!! ひとりで悩まないで!!  ひとりでも加入できる労働組合・広島連帯ユニオンへ

5.1広島メーデー

韓国民主労総のゼネストに連帯し、青年労働者を先頭に広島市内をデモ

2015/02/27

『医療の現場』No.86を発行|草津病院支部


2.11、1病棟での労災事故を許すな

人員増やせ・安全守れ!

安全崩壊!やはり病棟再編には絶対反対だ

『医療の現場』No.86
(2015/2/27)
草津病院支部

 草津病院で働く仲間の皆さん!
 去る2月21日に1病棟で、またしても重大な労災が発生しました。本当に怒りに堪えない、絶対に許せない事態です。
 昼食後下膳の際、患者さんが食事量チェック中のケアワーカーに振り向き様、配膳トレイを投げつけ、トレイの縁が顔面右側に音をたてて激しくぶつかり負傷したのです。患者さんは、その一瞬前まで異変は
なく、突然のできごとでした。他の業務に集中していて受傷したケアワーカーには一切の責任はありません。

■個人では防げない労災事故

不意に、患者さんが振り向き様に顔面に向けて突き出してくる配膳トレイを避けることなど不可能です。硬質プラスチック製のトレイが右眼下2cm のところにあたり、頬が切れ上下のまぶたが腫れ上がり眼が充血してしまうという重大なケガを負いました。
 労災として外来受診しましたが、実際に診察を受けたのは約3時間後でした。右眼全体には内出血の打撲痕が残りました。何ということでしょうか!

■職場の安全が崩壊している!

組合は、昨年以来、1病棟で続発する職員への暴力事件を受けて、団体交渉(団交)を行い、組合員をはじめすべての職員の安全を守るために、これ以上労災を起こさせないためには、1病棟に人員補充をするべきだと経営に要求しました。
 しかし、経営は「(人員は)足りている」「安全が崩壊しているとは思わない」と回答して、必要な人員の補充を拒否しました。その結果が今回の実際に職員が負傷する労災の発生です。「今の草津病院では安全に働けるところはない」というのが職員の正直な気持ちです。

■人員を増やせ!安全を守れ!

組合は、あらためて病棟の安全が崩壊している事態に怒りを持って経営に対して要求します。1病棟をはじめとして、すべての職場に人員を補充せよ!と。
 今回の労災は、繰り返し同じ病棟・同様の状況で起こった労災であり、個人の職員の自己責任ではなく、病棟の人員不足によって引き起こされた労災です。責任の一切は経営にあります。
 昨年の団交でも明らかにしたように、労災の原因は、施設やハード面だけの問題でも職員の過失でもありません。閉鎖・隔離病棟では、入院している患者さんの動きを常に見守っている職員が必要です。全員が自分の目前の業務に集中しているだけの状況では、今回のような事故は防げません。病院の働かせ方が、労災を起こしているのです。

■さらに安全を破壊する病棟大再編には絶対反対だ!

このような病棟の危機的現状をそのままにして、カネもうけのため、ひたすらに病棟大再編に突き進むことなど、絶対に認められません!さらに事故が発生してからでは遅いのです。経営は労働者を何だと
思っているのか!「使い捨て」は許さないぞ!組合は今一度、声を大にして「安全に働ける人員を職場に配置する」ように訴えます!
 佐藤理事長は、安全をさらに破壊する病棟大再編を直ちに止めろ!働く仲間は、3・17団交に結集しよう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.15国鉄闘争集会が大成功


 2.15中四国国鉄集会は、国鉄分割・民営化に屈せず闘う動労西日本を先頭に、広島連帯ユニオン・愛媛県職労・自治労倉敷の4組合がよびかけ、180名を岡山に集めて大成功しました。
 草津病院労組も全力で結集しました。新自由主義の金もうけの病棟大再編攻撃との闘いと国鉄闘争は一体のものです。
 労働組合が先頭に立って闘った時、必ず道は開かれます。人間らしく生きることを否定するような職場を、働く仲間の団結で根本から変えましょう!

岡山・広島・徳島の医療・介護労働者と共に登壇した草津病院支部の仲間
発言者は中山支部委員長(2015 年2月15 日 岡山市・さん太ホール)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『15春闘アンケート』にご協力下さい!

 すべての職員のみなさんの不安・怒りをアンケート結果として集約し、「要求書」として提出して、団体交渉を申し入れます。職場の雇用・労働条件の改善のために『15春闘アンケート』にぜひご協力をお願いします。詳細は8病棟・真保まで問い合わせて下さい。

2015/02/22

2.22 橋下打倒集会に参加


2・22 橋下打倒集会に参加しました。集会の会場は「団結権の港合同」と呼ばれる全国金属機械港合同の闘いの歴史が刻まれた、田中機械ホールでした。  
 基調報告、たたかう現場からの発言全体から感じたことは、安倍や橋下が戦争と民営化の激しい攻撃をかけてきても、労働組合の団結を守り抜けば勝てる!事を職場の闘いで実証している、という事でした。        
 君が代不起立処分、入れ墨処分も「一切は労働組合活動である」「団結権の侵害は絶対に許さない」闘いとして、職場でいかに団結を拡大するかに軸をおいて闘ったことが橋下を追い詰め、絶対反対で闘う団結が大きく広がっています。        
 「職場で闘うことが社会を変え戦争を止める」という確信を持ったひとつひとつの格闘が橋下(安倍)を直撃する闘いになっています。国鉄、自治体労働者・教育労働者を先頭にこの一年間の闘いが本当に橋下(安倍)を打倒する力=実体をつくっていることが実感出来る集会でした。  
  昨年初めて参加した労働者が闘い中心に据わっていました。まさに「橋下を倒すのは、労働組合の力だ!」

2015/02/15

2.15中四国国鉄闘争集会が150名で成功!


 2月15日、動労西日本・愛媛県職労・自治労倉敷・広島連帯ユニオンの4労組よびかけで、「2.15中四国国鉄闘争集会」が開催されました。岡山・さん太ホールには、中四国各地から国鉄闘争を軸に闘う労働組合の仲間150人が集まりました。冒頭、司会の岡山マスカットユニオン清水委員長から、全国10カ所の国鉄集会と同時に、ダイエー八王子店閉店に対してストライキに立ち上がっていること、合同労組全国協交通運輸連絡会の結成大会が開催されていることが報告されました。
  自治労倉敷の百本委員長が主催者あいさつに立ち、「国鉄闘争こそが労働運動の解体を阻み、改憲・戦争を阻止してきた。国鉄を軸に階級的労働運動を復権しよう」と、安倍政権が中東参戦する情勢に労働組合こそが立ち上がることを力強く訴えました。連帯のあいさつを、大石和昭弁護士さん(動労西日本山田書記長の「解雇権濫用訴訟」弁護人)、NAZEN山陰、徳島・星野さんを救う会から受けました。
 動労西日本の大江委員長が基調報告を行い、「歴史の大きな分岐点に立っている。労働運動が健全であれば戦争は阻止できる。今こそ国鉄闘争の炎を大きく燃え上がらせ、階級的労働運動の復権と国際連帯の発展を。『動労総連合を全国に』を合言葉に待ったなしの行動を起こし、全産別・全職種・全職場で闘おう」と訴えました。
 続いて動労西日本の山田書記長が「春闘・国鉄決戦アピール」を行いました。「ついに戦争に突入したこの時代における国鉄闘争の決定的重要性がはっきりした。私たちは国鉄闘争30年の偉大な地平に立っている。新自由主義は崩壊に向かっている。私たちは必ず勝利する。勝利の鍵は動労千葉や動労水戸のような労組拠点建設だ」と、3月ダイ改阻止のストライキ、青年労働者の獲得、動労西日本の組織拡大へ先頭で闘う決意を述べました。さらに「動労西日本を全国に」の闘いの先頭に立つ国鉄労働者が登壇し、動労総連合建設への決意を表明しました。
 公務員決戦を闘う仲間が次々発言に立ち、愛媛県職労中村副委員長が「公務員賃金制度の解体・人事評価を認めない。絶対反対で闘うところに団結が生まれる。被曝労働拒否で伊方原発廃炉を」、自治労倉敷女性部長が「幼稚園でも半数が非正規。延長保育や民営化、人事評価に絶対反対で闘う」、広島市職非正規労働者が「現場から団体交渉に決起した」と発言。教育労働者からも、日教組香川三観地区の須藤委員長、広教組の倉澤憲司さんが発言しました。
 さらに「全産別に闘う拠点を」と、JP労組中予支部、岡大医学部職組、広島連帯ユニオン草津病院支部、高陽第一診療所労組、徳島医療福祉労組、岡山マスカットユニオンが続々決意を表明しました。中山草津病院支部委員長は「医療の安全を崩壊させる病棟再編攻撃に絶対反対で組織拡大し拠点となるよう闘う」、高陽第一診療所労組森末委員長は「長時間労働や外注化に怒りが溢れている。サ高住絶対反対で闘う」、広島連帯ユニオンの宮原亮青年部長は「すべての職場で青年部建設を」と訴えました。
 愛媛県職労の宇都宮委員長が閉会あいさつを行い、「全国10カ所で国鉄集会がもたれ、岡山でもこれだけの数が集まった。国鉄闘争とは、民営化・非正規化・外注化と闘うすべての職場の労働者に共通する闘い。動労千葉の闘いが信頼を生み、世界ともつながっている。国鉄闘争に戦争や原発に対して労働者としてどう考え、闘っていくか基本がある」と集会をまとめ、最後に広島連帯ユニオンの鈴木委員長が「15春闘勝利! 動労総連合を全国に! 国鉄1047名解雇撤回! 戦争と民営化に立ち向かう労働運動の再生へ!」と団結ガンバローを行いました。
 この日、広島からは大型バスで参加しました。行きのバス内では動労総連合組合歌「われら国鉄動力車」、星野さん解放に向けて「ソリダリティー団結ー」「取り戻そう星野」を歌い、帰りは集会の感想を出し合いました。「星野世代」と「3.11世代」が団結を固め、中四国の地から「動労総連合を全国に」の拠点建設の闘いが、力強く本格的に始まりました。

2.15国鉄集会に参加した仲間の感想~
○国鉄集会ということで、国鉄の話だけかと思ったが、いろいろな職場の思いをぶちまけて、共通の思いとして認識し、輪が広がった。一人で悩むのではなく、みんな同じだよと感じられる集会だった。
○バスでいろんな思いを共有しながら行った。国鉄集会の路線・方針が根幹にあって、安倍の戦争政策との闘いとしてもった。中曽根首相の改憲への攻撃を貫徹させない粘り強い闘いが阻止してきた。
○安芸太田からの参加もあったが、地方切り捨ての問題・学校の統廃合、病院の統廃合など、問題は一緒。金儲けのために地方を切り棄て、戦争に参戦しようとしている。
○拠点建設へ向けて発言した5つの組合のうち4つが医療だった。医療部門の成長産業化・攻撃が集中していることがはっきりしてきた。

2015/02/11

2.11NAZENヒロシマ集会に参加


 2月11日、広島市アステールプラザでNAZENヒロシマ集会が開催されました。第一部は、福島原発事故をテーマにしたドキュメンタリー映画『A2-B-C』の上映会、第二部は、ふくしま共同診療所の杉井吉彦医師の講演でした。
 4年目の「3・11」を迎え、子どもたちの甲状腺がんが増え続けています。にもかかわらず、安倍政権は「原発事故の影響ではない」と事故の責任を居直り、原発再稼働まで行なおうとしています。ユニオンからは、被曝労働拒否のストライキで闘う動労水戸支援共闘が3月15日に結成されることを報告し、賛同を訴えました。労働組合の力で原発を止めよう!

2015/02/09

『医療の現場』No.85を発行|草津病院支部


1.30団交報告 面談・異動始まるー大再編強行許すな
首切り・配転・賃下げ、外注化・非正規化絶対反対!組合に入って雇用と労働条件、安全をかちとろう

『医療の現場』No.85
(2015/2/9)
草津病院支部

団交でも計画を隠す経営

1・30団交で経営側は、病棟再編について県の認可が降りていないため職員にはっきりと計画を公表できる段階ではないと断言しました。「県の認可」を口実に病棟大再編計画の全貌を組合や管理職以外の職員から隠そうとしています。
 職員には「辞めて欲しくはない、解雇はしません。ケアワーカーの賃金はこれ以上下げてはいけないと思っています。」「夜勤がなくなって生活できない職員を出さないように最善の配慮をします。」「ケアワーカーの配置は(基準より)多めにしています。」と答えましたが、こんなことが実行できないのは見えています!

経営のための病棟大再編!

一方、組合に寄せられる職員の現場の声は切実です。
 「職場がなくなるのに、働ける場所があるのか未だにわからない」「自分のキャリアやスキルで働けるのか」「いらない職員にされるのでは」「救急をこれ以上増やしたら、もうやれない」「人員不足で過重労働が続いている」など。これらの声は、病棟大再編が誰のためのものなのかを明らかにしています。
外注化・非正規職化をやめろ
 団交で経営側は、解雇・強制配転・賃下げ・労働強化・外注化―非正規職化を口先では否定しながら、実際は、「解雇はしない」「解雇どころか、むしろ人は要る」「(辞めないで)あらゆる形で仕事をやってもらえるよう考えている」と言いました。このことは病棟大再編を契機にして看護部においても外注化・非正規職化を企図していることを示しています。
 特に5病棟のケアワーカーの問題で「介護業務が少なくなる」ので、「介護以外の業務でも働いてもらえるように考えている」と明言しました。これは、業務内容を再編して、これまでの仕事を外注化と非正規職化するところまで行きつくということです。

面談と管理職の異動が始まった!

病棟大再編は2月に入って大きく動き出しました。再編の軸になる5病棟では、すでに管理職がケアワーカーの個別面談を始めています。2月4日(水)の看護部の定例課長会で主任の異動が発表されました。異動はまず管理職からです。3月1日より主任の、4月1日より課長の異動が行われます。
 当該病棟でのケアワーカーへの面談が始まったこと、主任・課長(管理職)の異動が発表されたこと………、いよいよ病棟再編が動き始めたということです。「オフィシャルな計画はない」という回答は大ウソです。実際には大再編を強行しています。許せません。
病棟への派遣労働者の導入に反対する
 8病棟では長期病欠やインフルエンザ罹患、過労による体調不良、資格試験による休暇などによって人員不足による多忙化・労働強化が進んでいます。団交で経営側は、「リストラをかけて減らしているわけではない」「職員は募集している」と開き直っていました。そしてこの「人員不足」を理由に、団交から1週間後の2月6日に、2か月契約の派遣労働者(介護)を導入してきたのです。私たちはケアワーカーの補充を求めてきたのに、これはほんとうに許し難いことです。

正・非、職種をこえて団結しよう

私たちは「労働者の非正規職化絶対反対!」の立場で、今後もケアワーカーの補充を求めて闘います。しかし、派遣の雇用形態で働く方も、私たち労働者の仲間です。
 組合員であるとか無いとか正規職員であるとか非正規職員であるとかは関係ありません!草津病院で働くひとり一人の声を私たちは小さい声とは思っていません!同じ職場で働く仲間の声を、怒りを束ねて、生きにくい現実を変える力に変えたいのです!すべての草津病院で働く仲間は組合に加入して、雇用と労働条件を守っていこう。

団結して大幅賃上げをかちとろう!

今回の病棟大再編では、勤務変更により夜勤手当がなくなり賃下げになる職員も多く出ます。
 この「賃下げ問題」の核心は、「夜勤がなくなる」ということにあるではなく、夜勤手当を基本給に上乗せして、やっと生活できる賃金になるという切実な現実こそが根本問題です。夜勤をしないと生活できないから夜勤ができる部署にという理由で、夜勤を要求するのではなく、「生きていけるだけの賃金を支払え!」という当たり前の、大幅な賃上げを求めていこうということです。
 資本家が出してくる計画に任せていたら、労働者は分断と競争に追い立てられ、ますます搾取されるだけです。労働組合で団結して闘いましょう!『生きられる賃金をかちとろう』『働き続けることができる職場にしよう』『組合に入って力を合わせて団結しよう』ではありませんか!15春闘で「大幅賃上げ」をかちとっていきましょう!

15春闘に勝利しよう!

15春闘団交は、3月17日(火)に開催予定です。15春闘に向かって、組合では本年も『春闘アンケート』を行います。病棟大再編についての労働相談も寄せられています。15春闘で病棟大再編をはね返していこうではありませんか!組合で共に闘おう!

2015/02/08

労組交流センター全国総会を開催、総会後いわき市内をデモ


 全国労組交流センターの第22回定期全国総会が、2月7-8日に福島県いわき市で開催されました。総会では、安倍政権が戦争に向かう中、イラクをはじめ中東諸国で闘う労働者と団結し、国鉄闘争を基軸に闘う労働組合の再生し国際連帯で戦争を阻止していくことが確認されました。あらゆる勢力が戦争に翼賛しようとする中、強力な一致で交流センターが歴史の前面に躍り出て労働者階級の先頭に立つ決意がみなぎる総会でした。
 国労闘争団の児玉さんからは、動労水戸支援共闘会議の結成がよびかけられました。被曝労働拒否で闘う動労水戸の闘いこそ、福島原発事故のもとで苦闘するあらゆる労働者の希望であり展望となる決定的な闘いです。特に福島原発で収束作業を担っている労働者は、高線量の厳しい労働環境の中で、危険手当が出る者・出ない者、下請け・孫請け、など様々な形で分断されています。こんなことでは誇りをもって働けない、子や孫の世代まで収束作業が続くのに、子や孫が誇りを持って働くことができるために絶対に労働組合が必要です。動労水戸の闘いはいわき合同ユニオンを生み出し、原発労働者も結集しています。支援共闘結成は、原発労働者の中に被曝労働絶対反対の労働組合を作るという前人未到の闘いへの挑戦です。
 同時に、福島県内の自治体労働者、教育労働者に動労水戸のように闘おうと呼びかけていくことです。帰還強制で自治体労働者が「先陣を切って」高線量地域での勤務を強制されています。被曝を強要する常磐線延伸に反対して動労水戸がストライキで闘いましたが、ガラガラの列車に乗っているのは帰還運動の先頭に立たされる自治体労働者です。教育労働者も、20mSVまで安全というキャンペーンのもと、子どもたちを被曝させないたたかいの最中にあります。フクシマの許しがたい現実を変えていく力は、動労水戸のように闘う自治体労働者、教育労働者を共に作っていく中にあります。
 総会のあと、動労水戸を先頭に3・11反原発福島行動への参加を訴えていわき市内をデモしました。動労水戸の常磐線延伸反対のストライキによって、楢葉町の帰町宣言は延期されました。渦巻く仮設住民の怒りに火をつけたのは動労水戸の断続的なストライキと昨年5・31のいわきデモでした。フクシマの怒りを解き放ち、ともに安倍政権打倒へ立ち上がりましょう!

2015/02/05

安倍政権打倒!2.15中四国国鉄闘争集会へ!


ビラをダウンロード

戦争へ向かう安倍政権を倒そう!2.15中四国国鉄闘争集会へ!

「イスラム国」による人質事件の全責任は安倍政権にある。このことをはっきりさせ、戦争へ向かう安倍政権を打倒しよう!政府・資本による労働組合破壊と既成指導部の屈服・裏切りに抗して、闘う労働組合を甦らせよう!2.15中四国国鉄闘争集会を大成功させましょう!
 安倍政権は、「イスラム国」の人質事件を百も承知で「イスラム国」壊滅をと中東諸国を歴訪し、25億ドルの経済支援(内2億ドルを「イスラム国」と戦う周辺各国に)をばらまくことで中東での戦争に事実上参戦しました。米国などが空爆で中東の労働者民衆を殺すことに何の正義もありません。戦争国家化の絶好のチャンスとして人質事件を使い、「自衛隊を活用する」と戦争へ向けての動きを強めようとしています。こんな政府は絶対に打倒しましょう!
 今回の事件の根本には、米国をはじめとする大国が、石油利権のために、中東の労働者の闘いを何としても抑えたいということにあります。イラクでは、石油労働者が民営化=外国資本への売り渡しに反対して闘っています。「イスラム国」は、こうした労働者の闘いを潰すために米国などが育成してきた勢力です。労働者を国境で分断し、資本家どもの石油のための戦争に再び三たび動員しようと言う侵略戦争に、安倍政権は深々と足を踏み入れたのです。
 今本当に必要なのは、労働組合を甦らせることです。「命より金」の社会を変えることです。「動労総連合を全国に!」の旗印のもと国鉄闘争をともに闘って、闘う労働組合をあらゆる職場に登場させることです。国境を越えた国際連帯で労働者が団結することです。
 2.15中四国国鉄闘争集会は、動労西日本を中心に、愛媛県職労・自治労倉敷、そして広島連帯ユニオンがよびかけて開催されます。国鉄分割民営化に抗して闘い続けている動労西日本の組織拡大をともに担いましょう。「896自治体消滅」攻撃のもと、民営化・非正規職化と闘う自治体労働者は大決戦を迎えています。断固連帯していきましょう。医療の安全闘争を闘う草津病院支部の拠点化は新自由主義と対決するユニオンの飛躍にとって決定的です。なんとしてもやり抜きましょう。15春闘は「官製春闘」との闘いです。ストライキ権を確立し、大幅賃上げを団結の力でかちとりましょう。安倍政権の労働時間規制撤廃・派遣法改悪を阻止しましょう。15春闘の勝利に向けて、2.15中四国国鉄闘争集会を大成功させましょう!

2015/02/01

15春闘方針を決定|三菱広機分会

 三菱広機分会は、2月1日に分会会議を開催し、15春闘方針を決定しました。要求については、「三菱支部統一要求」を確認。投票の結果15スト権を確立しました。スケジュールについては、支部統一半日ストを決定しました。
 要求と日程は、以下のとおりです。

三菱支部・広機分会の春闘スケジュール

2月6日、要求書 提出
3月18日、 指定回答日
3月20日、半日スト(予定)

三菱支部の春闘統一要求

①賃金引き上げ
 1)一律1万円
 2)企業内最低賃金
   月額16万4千円以上
   時給1050円以上
②年間一時金7ヶ月分
③下請単価の引き上げ
 現行10%アップ
④時間短縮
 1日実働7時間30分
⑤定期昇給実施年齢を58.5歳に延長
⑥63歳まで定年延長
 年金制度の44年特例適用まで延長する

機関紙『連帯』No.251を発行



機関紙『連帯』No.251を発行しました。