ブラック企業=サンナビの解雇を撤回させたぞ!

団結して闘えば勝てる!  広島連帯ユニオンはブラック企業との闘いにおいて決定的な勝利を切り開いた!(株)サンナビによる F 組合員に対する解雇攻撃(2月28日)に対し、広島連帯ユニオンは総力で反撃し社長から「解雇予告通知」の取り下げを約束させた!

山陽測器は不当解雇を直ちに撤回せよ!

ふざけるな!解雇理由はデタラメだ!山陽測器は不当解雇を直ちに撤回せよ!

介護労働者Tさんへの「みせしめ重刑」を許さない

「よってきんさい古江」転落死亡事故、介護労働者Tさんへの「みせしめ重刑」を許さない

労働相談

秘密厳守・相談無料  あきらめないで!! ひとりで悩まないで!!  ひとりでも加入できる労働組合・広島連帯ユニオンへ

5.1広島メーデー

韓国民主労総のゼネストに連帯し、青年労働者を先頭に広島市内をデモ

2010/04/26

4.26チェルノブイリ原発事故弾劾!中電前行動


労働者民衆の団結で核と戦争をなくそう

◇中国電力による上関原発・島根原発3号炉建設絶対反対!
◇中国電力はプルサーマル計画をやめろ!原発を止めろ!
◇日本の核武装絶対阻止!原発輸出反対!侵略戦争許すな
◇闘う労働組合の団結で民主党・連合政権を打倒しよう!
◇オバマ政権の新核戦略=北朝鮮・イラン核戦争策動許すな
◇日米安保体制粉砕!沖縄をはじめ全国の基地撤去を!


◆日米安保体制、核武装に巨大な反撃を~8・6ヒロシマ大行動に結集しよう!
世界大恐慌が日々深まる中、世界中で労働者民衆は大失業、大幅賃下げ、貧困や飢餓を強制されている。資本主義諸国の財政破たんが深まり、各国が生き残りをかけた保護主義・市場の奪い合いに走っている。これは新たな世界戦争=核戦争の危機を爆発的に高めているのだ。青年をはじめとする労働者民衆が生きていけない現実と戦争・核戦争の危機は一体のものだ。
この中で、私たちは昨年から連合や原水禁などあらゆる勢力が米オバマ大統領を賛美する状況で、唯一、オバマと対決した。オバマ政権の狙いがアメリカによる核の独占にあることを鮮明にして闘った。オバマこそイラクやアフガニスタンで侵略戦争をおこない、沖縄にあくまでも基地を押しつけている張本人だ。4 月6 日、にオバマが発表した「核戦力体制の見直し(NPR)」は実際に核を使うという宣言そのものだ。実際にゲーツ米国防長官は「北朝鮮とイランは核攻撃の対象となりうる」と明言している。さらに本年の米予算でも核兵器関連予算や原発開発などの核関連予算は大幅な増額となっているではないか。このようなオバマ(政権)を支持することがどうして核廃絶につながるというのか!支配者に「お願い」しても核はなくならない。
この間、民主党政権によって「核密約」の暴露がおこなわれ、日米安保同盟は〈核戦争のための同盟〉だということが改めて鮮明にされた。沖縄-日本全土を核戦争の出撃基地とする日米安保体制とヒロシマは絶対に相いれない!民主党政権は、核をなくすために「密約」を暴いたのではなく、公然と日本独自の核武装への道を開くためにオープンにしたのだ。現実には鳩山政権下で「非核3 原則」の法制化は拒否され、「エコ」の名の下に原発大増設と高速増殖炉・もんじゅの運転再開、六ヶ所村の核燃料再処理工場の本格稼働を強行している。沖縄の普天間基地問題でも移設を口実に沖縄に巨大な新基地を建設し,安保体制を強化しようと画策している。4 月25 日-5 月15 日に10 万人規模の基地撤去県民大会を開く沖縄の労働者民衆と団結して、〈軍事基地全面撤去、侵略戦争・核戦争のための日米安保絶対反対〉を掲げて闘おう!4.29 沖縄デー広島集会に参加しよう。被爆65 周年8・6ヒロシマ大行動へ!全ての闘う労働者、労働組合は総力で結集しよう!
◆チェルノブイリ事故の教訓―“労働者は闘わなければ殺される”
1986 年4 月26 日に起こった旧ソ連(ウクライナ)のチェルノブイリ原発事故によって「核の平和利用」幻想は吹き飛んだ。この事故で、核体制・原子炉運転が労働者に被爆を強制するものであり、労働者階級の犠牲なしには一日たりとも成り立たない戦争のためのシステムであることが明らかにされた。
核と核兵器の破壊力を必要とするのは、支配階級である資本家階級である。被爆を強制される労働者階級にとっては、廃絶する以外にないものだ。しかし資本家階級は新自由主義の下、原発を金儲けの道具として生き残りを図ろうと躍起になっている。資本家の利害と労働者の利害は非和解である。核を支配の道具として必要とする資本家階級を打倒することなしに核廃絶は実現しない。今こそ資本主義体制を打ち倒して核廃絶の道を進む時だ。職場・地域に闘う労働組合を復権させて、労働者は、生きるために団結して資本家階級と闘おう!
◆労働者は団結の力で核と戦争をなくすことができる!
資本家が生き残るためには、保護主義・ブロック化と侵略戦争しかない。次の戦争は核戦争というところまで危機は深まっているのだ。鳩山政権は、この間の核関連施設や原発事故の続発をも顧みず、中国電力をはじめとした電力資本を先兵にして、しゃにむに核開発=核武装政策を推進している。
島根原発でのデータ改ざんや安全無視の原発運転の強行、上関原発での強権的で住民無視の原子炉の建設も、この核武装政策の下に推進されているということだ。さらに政府は独自の核武装のためにプルトニウムの軽水炉での運用(プルサーマル)を開始した。資本主義の危機の中で中国電力は、民主党政権の核武装政-原発推進に活路を見出そうとして、お先棒を担いでいるのだ。断じて許すことはできない。
今こそ、全世界でゼネストに起ち上がる労働者民衆と固く団結して、職場に闘う労働組合を復権させよう。改憲・戦争と民営化、労働組合つぶしを推し進める鳩山政権を打倒しよう!民営化・合理化をぶっ飛ばして原発建設推進の道州制を労働者の団結の力で粉砕しよう!国鉄1047 名解雇撤回闘争の解体=労働運動根絶を許さず、23 年間、不屈に闘う動労千葉の呼びかける国鉄闘争勝利の大運動をひろげよう。この団結の中に核廃絶の道がある!