ブラック企業=サンナビの解雇を撤回させたぞ!

団結して闘えば勝てる!  広島連帯ユニオンはブラック企業との闘いにおいて決定的な勝利を切り開いた!(株)サンナビによる F 組合員に対する解雇攻撃(2月28日)に対し、広島連帯ユニオンは総力で反撃し社長から「解雇予告通知」の取り下げを約束させた!

山陽測器は不当解雇を直ちに撤回せよ!

ふざけるな!解雇理由はデタラメだ!山陽測器は不当解雇を直ちに撤回せよ!

介護労働者Tさんへの「みせしめ重刑」を許さない

「よってきんさい古江」転落死亡事故、介護労働者Tさんへの「みせしめ重刑」を許さない

労働相談

秘密厳守・相談無料  あきらめないで!! ひとりで悩まないで!!  ひとりでも加入できる労働組合・広島連帯ユニオンへ

5.1広島メーデー

韓国民主労総のゼネストに連帯し、青年労働者を先頭に広島市内をデモ

2010/01/31

再雇用拒否=解雇撤回!1.30に怒りのストライキに起つ

 広島連帯ユニオン草津病院支部は、本年1月末で定年を迎える組合員への再雇用拒否=解雇攻撃に対して、1月30日、解雇撤回・再雇用を求めて職場で、指名ストライキを闘い抜きました。草津病院の定年再雇用制度は、長年勤めてきた職場の熟練労働者を低賃金・非正規雇用化する攻撃であり、今回の解雇攻撃は、何よりも組合員を職場から排除する組合潰しの攻撃なのです。絶対に許せません。
 広島連帯ユニオンと広島県労組交流センターの20名の支援の労働者は、草津病院支部の仲間の職場の朝ビラと連帯して、早朝から最寄り駅であるJR新井口(しんいのくち)駅頭でのビラまき宣伝活動に決起しました。
 職場では「本日ストライキ」を知らせる支部の朝ビラ活動に対して、病院当局が妨害に出てきました。「規則だからビラまきは止めてください」などというばかりです。組合員のクビを切っておいて何が「規則」か!解雇される当該の労働者を先頭に支部組合員が妨害に出てきた事務長や課長に詰め寄りました。
 ユニオンからスト指令を受けた労働者は、8時30分の始業開始時に断固として「ストライキ」を宣言し、職場の仲間に送り出されて病院前で支援の労働者と合流しました。

 スト突入集会では、草津病院支部の組合員が決意表明し支援に駆けつけた高陽第一診療所労働組合はじめ多くの闘う労働者、学生から発言を受け、終業までストライキ闘争が闘い抜かれました。スト決行後、支部の仲間は、病院への申し入れ行動を行い、病院に対して、解雇撤回の怒りの要求書をたたきつけました。管理職は右往左往するばかり。労働者の怒りの深さを思い知れ!
 草津病院では「評価制度」で労働者を分断支配し、労働者の階級性を奪い団結を妨害してきました。さらに「評価制度」と「定年再雇用制度」をリンクさせ、5段階評価の「標準」の評価を受けないと定年再雇用されない制度にしているのです。労働者にとって許しがたい不当な制度です。
 組合は、この評価制度に反対して、「目標」と「自己評価」のシート提出を拒否する闘いを貫いてきました。この組合の闘いを恐れた病院は、「人事考課規程」を改悪して、提出拒否者は評価を自動的に2段階下げると決定したのです。これを根拠に今回の当該組合員への解雇攻撃が出されたのです。本日のストライキを突破口に、さらなる闘いによって「評価制度」撤廃!再雇用制度撤廃!解雇撤回をかちとろう。
 草津病院の組合員への解雇攻撃は、動労千葉への組織破壊攻撃、道州制ー民営化・非正規雇用化攻撃とまったく同じ攻撃です。1・30草津病院ストライキは、動労千葉の2・1ストライキと固く連帯して闘い抜かれました。草津病院支部の解雇撤回闘争は国鉄1047名解雇撤回闘争そのものであり、JR鉄道検修業務全面外注化攻撃と同じ新自由主義の攻撃です。
断固、2・13東京・代々木公園へ結集して、新自由主義の民主党・連合政権をぶっ飛ばそう!

2010/01/22

1・20ユニオン春闘集会を開催!

 1月20日(水)広島市西区民文化センターにおいて「10 春闘勝利!広島連帯ユニオン総決起集会」が行なわれました。
 集会の冒頭、鈴木委員長があいさつ。連合が早くもベアゼロの裏切りを行なっていることを弾劾し、連帯ユニオンが春闘に向けスト権を確立してたたかうことの意義が確認されました。また、新しく加入した組合員が紹介されました。

 基調提起では以下の点が確認されました。
①09年は労働者が大きな前進を切り開いた年だったということ。2010年をさらに労働者が団結してたたかって勝つ年にしよう。
②情勢はドル大暴落必至の情勢。戦争と大失業の時代。民主党政権は自民党以上に反労働者的な政権であり、同時に自民党以上にボロボロ。連合支配に対する労働者の怒りの爆発は不可避。たたかう労働組合の存在が決定的であること。
③労働運動全体の課題として国鉄1047名解雇撤回・JR東日本検修業務の全面外注化攻撃阻止の闘いに立とう、2・13全国労働者総決起集会に結集しよう。
④連帯ユニオンの各支部の要求をまとめてただちに10春闘にたちあがろう。大幅賃上げ要求、反合理化、解雇撤回・処分撤回でたたかおう。たたかいを通じて支部の強化・拡大を勝ち取ろう。
と提起されました。

 各支部からの報告では広大生協労組から食堂の大合理化攻撃である「中四国方式」導入反対の闘いの報告があり、また広島地域支部からはこの間の相次ぐ労働相談の報告がなされました。
 そしてなんといっても草津病院支部の報告です。組合の評価制度反対方針でたたかったことを理由に60歳定年再雇用拒否=解雇の攻撃に対して、全面的に闘う決意が述べられました。当該のMさんは「解雇を絶対許さない。国鉄1047名闘争のように闘う」と決意を表明。支部の仲間からもアピールが行なわれました。
 連帯のあいさつでは、動労西日本の大江委員長が1・23伯備線事故弾劾のたたかい、さらには2・13JR東検修外注化阻止のたたかいへの呼びかけがなされました。自治体労働者からは社保庁525人分限免職攻撃と先頭でたたかう平口さんのメッセージが紹介され、道州制・民営化絶対反対の決意が述べられました。高陽第一診療所労働組合からも連帯のあいさつが寄せられました。
 全ての発言を通じて10春闘の闘う路線と方針を鮮明になりました。春闘のスト権投票が提起され、1票投票が行なわれました。最後は団結ガンバローで締めくくりました。
 激動の2010年。昨年以上に闘えば勝てるということを実証する年としよう。10春闘に総決起しよう。

2010/01/04

ユニオン・広機分会、合同旗開きを開催

 1月4日、広島連帯ユニオンと三菱広機分会の合同旗開きを組合事務所で開催しました。労働相談で昨年加入したばかりの若
い仲間から、「組合には定年はない!」と意気軒昂に闘う広機分会の仲間まで、2010年の闘いにむけた意気込みを各々が熱く語りました。

 新年早々労働相談が寄せられるなど、激動の年にふさわしい幕開けとなりました。今年は、われわれ労働者にとって「おもしろい」年になりそうだ!