ブラック企業=サンナビの解雇を撤回させたぞ!

団結して闘えば勝てる!  広島連帯ユニオンはブラック企業との闘いにおいて決定的な勝利を切り開いた!(株)サンナビによる F 組合員に対する解雇攻撃(2月28日)に対し、広島連帯ユニオンは総力で反撃し社長から「解雇予告通知」の取り下げを約束させた!

山陽測器は不当解雇を直ちに撤回せよ!

ふざけるな!解雇理由はデタラメだ!山陽測器は不当解雇を直ちに撤回せよ!

介護労働者Tさんへの「みせしめ重刑」を許さない

「よってきんさい古江」転落死亡事故、介護労働者Tさんへの「みせしめ重刑」を許さない

労働相談

秘密厳守・相談無料  あきらめないで!! ひとりで悩まないで!!  ひとりでも加入できる労働組合・広島連帯ユニオンへ

5.1広島メーデー

韓国民主労総のゼネストに連帯し、青年労働者を先頭に広島市内をデモ

2009/07/24

広大生協労組が8.6学習会

 7月18日、広大生協労組は被爆64周年の8・6ヒロシマ大行動にむけて、組合学習会を開催しました。「反戦闘争と労働運動はどう関係があるのか?」「団結といっても闘う団結じゃないとダメなんじゃないか?」と、議論が盛り上がりました。学習会後、新組合員を迎え歓迎会を開催しました。


機関誌『団結』No.169(09.7.24)-------------------
都議選大敗北、自民党支配は終わり
今こそ、労働者が社会の主人公へ!
時代を変える、8・6ヒロシマ大行動へ参加を!


民主党の勝利は確実だが、、、
 東京都議選で自民党が大敗北を喫しました。八月三十日の衆議院選挙でも民主党が勝つのは確実と言われています。しかし、それで労働者が幸せになるのでしょうか。
 今朝の朝刊には早速「民主党、現実路線に」と出ています。海上自衛隊のインド洋からの撤収」というこれまで掲げていた外交路線を削除したというのです。アメリカと一緒になって、石油のためにイラクやアフガニスタンを攻撃するということです。日本共産党もオバマ大好きですから、結局は、労働者自身が自らの力で闘うことが唯一、労働者の幸福を引き寄せるのです。
 オバマは大金持ちには税金から莫大な金をばらまきながら(GM会長の退職金は5年間で100億円!)、労働者をどんどんクビにしています。ローンを払えなくなった労働者を家から追いだして、路上生活を強制しています。日本の民主党も同じことをやります。その手先が、派遣法にろくに反対もしなかった労働貴族が牛耳る「連合」というニセ労働組合(御用組合)の全国組織(800万人)です。
 労働者はクビにされてはいけません。解雇してくるなら会社を占拠して、自分たちで運営するのです。経営者なんか居なくたって、実際に職場を動かしている労働者が団結すれば、何でもできます。怖くなんかありません。差し押さえられた住宅を団結した労働者が、金貸しから取り戻して、実力で住み続けるのです。こういう現場での闘いが、これからは労働者が生存するための生き方です。
労働組合と平和運動
 麻生も御手洗も本気で戦争をやる気です。その尖兵が、元航空幕僚長の田母神です。大恐慌の深刻化はこれからです。労働者の40%もが仕事を奪われ、低賃金でこき使われます。資本家は労働者の怒りが、自分たちに向かわないように、「敵は北朝鮮」「欲しがりません勝つまでは」のニセスローガンで貧困生活を我慢させようとしてきます。労働者の闘う武器であるストライキは禁圧されます。禁圧されようが必要なストはやります。
 また、戦争ほど資本家にとって儲かる商売はありません。政府は国債をどんどん発行して車が売れなくなったトヨタや三菱にロケットや戦車を作らせるのだからです。そして、戦場には職を失った若者が、「喰うために」志願するのです。アメリカで実際に起こっていることです。先日の8・6学習会では議論が盛り上がりました。

2009/07/11

ユニオン街宣:本通りで8.6ヒロシマ大行動への参加を訴え

 被爆64周年の8.6を前に、ユニオン街宣を本通りで行いました。核を独占し実際に核兵器を使おうとしているオバマ米大統領を、「核廃絶の使徒」のように持ち上げる風潮こそ、核戦争への道です。大恐慌の危機を戦争によって突破しようとするオバマや麻生首相、御手洗経団連会長こそ、世界の労働者の共通の敵です。労働運動においても「北朝鮮を攻撃せよ!」と叫びオバマを賛美するあらゆる勢力が、戦争翼賛勢力になろうとしています。国境を越え団結して、闘う労働組合を歴史の前面に押し立てて、戦争への道を阻止しよう!広島連帯ユニオンは「8.5闘う合同労組交流集会」を呼びかけています(http://www12.ocn.ne.jp/~union-hi/index.html)。そして、「8.6ヒロシマ大行動」(http://hw001.gate01.com/hiroshima8-6/index.htm)を成功させ、核のない社会を労働者の力で実現しましょう!